2011年05月25日

「体を洗いすぎると臭くなる」なんていう見出しを発見しました。

「体を洗いすぎると臭くなる」なんていう見出しを
発見しました。

現代のわれわれは、お風呂もちゃんと入るし、ボディー
シャンプーなどを使って清潔にしていますよね、でも
制汗デオドラント治療の第一人者である、五味クリニックの五味常明院長によると
現代人のほうが昔の日本人よりクサいらしいのです。

そのわけは現代人はあまり汗をかかなくなったので、汗腺の機能が低下して血しょ
う成分を含んだ濃度の濃いクサい汗をかくのだそうです。

また食物にも違いがあって、肉食が多くなって腸内で分解されたたんぱく質がクサ
い分子となって汗に出るなどして、現代人は体の中からにおいができやすくなって
いるとのことです。

この記事の題の「体を洗いすぎると臭くなる」とはなぜなのかというと皮膚の表面
には「表皮ブドウ球菌」という常在菌がいて、悪い菌の繁殖を防いだり、皮膚の免
疫として体をバリアしていますが、この菌はお風呂やシャワーで70%くらいが流さ
れ、さらに石鹸などでゴシゴシ洗うと90%以上がいなくなるらしいのです、すると
黄色ブドウ球菌や真菌といった悪臭の元になる菌が繁殖し、くさいニオイとなるの
です。

毎日のボディケアの注意点は
合成化学石鹸は殺菌力が強いので使いすぎず、3日に一度くらいは塩で体や髪を洗う
とよいそうです。

また石鹸もなるべく自然の成分のものをえらぶとよいですね、それでも汗が気になれ
ばにおいの元となるアンモニアを防ぐミョウバンや油っぽいにおいがするなら脂肪酸
を防ぐ重曹を少量石鹸に混ぜてつかうといいそうですよ。

夏場もにおいを気にせず快適にすごしましょう。

R25さんの記事を参考に書かせて頂きました。
元記事↓
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20101118-00004260-r25



posted by トクさん at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろ健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

お酢の効用

お酢の効用

訪問ありがとうございます
今回はお酢の働きを調べて見ました

お酢は昔から健康によいと聞いてきましたが、どんな効果が
あるのでしょう。

疲れたときや食欲のないときはすっぱいものがほしくなるのは、
疲れたとき体に乳酸がたまり、お酢は乳酸の分解を促進させ疲れ
を取る働きがあるからです。

マラソンの選手の自家製ドリンクにもお酢の成分がかなり
入っているようです、疲れを取りやすくなるのでしょうね。

また、血液をサラサラにしたり血圧を下げる、血管、血圧の病気
にもよさそうです。

ミツカンさん(お酢のメーカー)が臨床検査を行い内蔵脂肪低下
効果も実証していますよ、詳しくは下記で
          ↓
http://www.健康酢.jp/100/ent1678.html#jisho_siteika

お酢のドリンクを作ってもいいし、料理に使ってもお酢を摂取する
ことができますね。

-----------------------------------------------
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします

にほんブログ村 健康ブログへ


banner_04.gif

-----------------------------------------------
TOPページへ
タグ:お酢
posted by トクさん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物と健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

花粉症、鼻のアレルギーとは

花粉症、鼻のアレルギーとは

吸入性アレルゲンによる反応で、くしゃみ、鼻水、鼻閉(びへい)を主な症状とする
疾患をアレルギー性鼻炎と呼んでいます。

症状が出る時期によって通年性と季節性に分けられます。

季節性の多くは花粉が原因で、花粉症と呼ばれてますね。

私も花粉が多くなると鼻水がとまらない一人です。

ティッシュが離せません。

通年性のアレルギー性鼻炎はハウスダストの中のダニに対するアレルギーが多くなって
いるようです。

一方、季節性アレルギーはスギなどの花粉が関係していることが圧倒的に多く、花粉が
飛び出す時期に、毎年苦労をする方がいらっしゃると思います。

花粉が飛散する時期は、関東地方では、スギが2月〜4月、ヒノキの花粉が5月〜6月、
カモガヤ花粉が6月〜8月、ブタクサ花粉が8月〜9月、ヨモギ花粉が8月〜9月などのようです。

この時期はマスクをしたりめがねをかけたりの予防が必要ですね。

アレルギーが起こったときは、なるべく原因となるアレルゲンを減らすこと、ダニなら
掃除機を丁寧に部屋や布団にかけたり、花粉症ならマスクやめがねでできるだけ防御し
ましょう、症状がひどいときは医師に診察してもらい、抗アレルギー薬を処方してもら
うこともできますし、スギ花粉なら減感作療法の注射液が開発されていますよ。

--------------------------------
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします

にほんブログ村 健康ブログへ


banner_04.gif

----------------------------------
TOPページへ
タグ:花粉症
posted by トクさん at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

白髪を増やさない工夫

白髪を増やさない工夫

gooヘルスケアさんで白髪についての記事を見かけましたので
お知らせします。

黒々とした髪をはぐくむには、肝臓の働きが重要です。
加工食品を多くとると、中に含まれる「添加物」を多く
摂るようになり肝臓が添加物の分解に過剰に働いて
疲れてしまいます。

結果として白髪が増えてしまうそうです。

黒々とした髪を保つには、「食品添加物」を控えて
肝臓の負担を軽くすることが大切なようです。

もちろん飲酒やその他の肝臓に負担をかけることにも
気をつけたいものですね。

gooさんの下記事のURLです
http://health.goo.ne.jp/karadagoo/20110303.html
---------------------------------------------
☆記事一覧のページです


TOPページへ
posted by トクさん at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物と健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

健康若返りの鍵「ミトコンドリア」

健康若返りの鍵「ミトコンドリア」
熊日新聞さんで若返りの記事を見かけましたので紹介いたします。
太田成男日本医大教授のお話を抜粋させていただきます。

老いとは体が持っているエネルギーを作る能力が低下すること。
エネルギーを作る能力に関係しているのがミトコンドリアです。

ミトコンドリアとはそもそも何かというと私たちの体の細胞中で
エネルギーを作っている器官で細胞内の小器官と呼ばれています。

最近 認知症もミトコンドリアが生み出すエネルギーの低下が
原因のひとつとわかってきました。

ミトコンドリアは人にはひとつの細胞に100個から数千個もあり取り
込んだブドウ糖や脂質を酸素で分解してエネルギーを作る働きをしています。

体が衰えるとエネルギーを作る能力が低下する例が「中年太り」だそうです
これはエネルギーを作る能力が衰えたために食事などで取り込んだエネルギーの
原料を使い切れずにあまらせてしまうからだそうです。

パーキンソン病などもこのミトコンドリアが古いミトコンドリアばかりになることで
効率よいエネルギーが作れず体に害を及ぼす活性酸素が発生しやすくなり、
神経細胞が殺されてしまうというようなことが起こるそうです。

エネルギーをつくる能力をアップさせることができれば、若々しく太りにくい体に
なります

このエネルギーを作る能力こそ、体を若々しくする機能の正体でそれにはミトコン
ドリアを増やすことがポイント(太田教授)

最近はミトコンドリアの数が割合簡単に増えることがわかってきました。自転車や
ジョギングなどやや強めの有酸素運動を行うだけでミトコンドリアが増える。

1日2時間自転車に乗る運動を1週間続けると30%もミトコンドリアが増える実験結果が
出ています。

太田教授によるとミトコンドリアを増やすには

@やや強めの運動をする
A背筋を伸ばす
B寒さを感じる
C空腹を感じる
以上のことが大事なようです。

神経細胞のミトコンドリアを増やすには、脳の血流を増やすこと。
運動は間接的に脳の血流を増やすのでお勧めとのことです。

ミトコンドリアの量が増えるとエネルギー生産時の活性酸素の発生も
抑えることがわかっているそうでミトコンドリアを増やせば10年くらいは簡単に
若くなるはず」と教授はおっしゃっています。

皆さん上の4つを実行して若返りましょう。(^^♪
posted by トクさん at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする