2012年07月01日

医療情報「話題のips細胞で人の肝臓を作れた?」

医療情報「話題のips細胞で人の肝臓を作れた?」
さまざまな細胞になる能力がある、今何かと話題のips細胞ですがその能力を使って、マウスの体内で人間の小さな肝臓を作ることに、横浜市立大などのチームが成功したそうです。

この研究が進んでいけば,肝不全の患者さんにips細胞で作った臓器を移植できる日もやがて来そうですね。

移植用の臓器を作るとなると、大量の細胞が必要で、大量培養する方法も考えないと現実のものにになりません。
どうやって作るのかというと、私も記述を読んでもチンぷんカンぷんなのですが、要約すると、人のips細胞が肝細胞に変わる手前の「前駆細胞」という細胞に、血管を作る細胞と、細胞同士をつなぐ役目の細胞を加えて数日間培養し、直径約5mmに成長した肝臓の元をマウスの頭部に移植する、すると数日間で血管網ができ、2ヶ月後には人に特有のタンパク質をつくり、薬物などを分解するなど、肝臓と似た働きをすることが確認されたそうです。


早くこのips細胞を使用して移植が実用化されて肝臓の病気で困っている人が、病気を克服できたらいいですね。

◇-------------------------------------------◇


スポンサードリンク
-----------------------------------------------
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします

にほんブログ村 健康ブログへ


banner_04.gif

-----------------------------------------------
TOPページへ





タグ:iPS細胞
posted by トクさん at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

お酒を飲む前に食べておけばよいフルーツは何だと思いますか?

お酒を飲む前に食べておけばよいフルーツは何だと思いますか?

12月といえば忘年会も多く、飲酒の機会もおおくなります。


街は夜にぎわっていることと思います。


よくお酒を飲む前に牛乳を飲んでおけば胃に膜をはってくれて、
悪酔いしないとか聞かれたことはありませんか?


でもこの牛乳の話は医学的には根拠のないものだそうです。


そもそもお酒を飲みすぎたら胃には悪いですよね。^_^;


しかーし、お酒を飲むときに胃を守る働きのあるフルーツがあっ
たのです。


そのフルーツとは‘イチゴ”で、胃を守り胃潰瘍になるのを遅く
するのを手助けしてくれるという、驚くべき事実がスペインのバ
ルセロナ大学の研究でわかったそうです。


その研究内容はマウスにアルコールを与える前に10日間イチゴエキス
を与えて、食べさせなかったマウスと比べると食べたマウスの胃粘膜
はごく少ない損傷ですんだそうで、わずかな胃潰瘍化が確認されただ
けのようです。


イチゴには、お酒の酔いを軽くする働きではなく、アルコールによって
胃におこる有害な影響から胃を保護するような分子の存在があると確認
されたようです。


常日頃、お酒を飲む量や、回数が多い人は飲む前にイチゴを数個たべて
おくのもお勧めです。


以上ネタりかさんの記事を紹介させていただきました。

元記事URL↓http://netallica.yahoo.co.jp/news/235221

◇------------------------------------◇
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします

にほんブログ村 健康ブログへ


banner_04.gif

------------------------------------------
posted by トクさん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

健康情報「茶のしずく石鹸で小麦アレルギー?」

健康情報「茶のしずく石鹸で小麦アレルギー?」
「茶のしずく石鹸」でたくさんの人が小麦アレルギーを発症
してしまって、問題になっていますね。


アレルギーを発症した方たちで、集団訴訟を起こす動きもあ
ります。


早期に解決できることを期待します。


今回の小麦アレルギーの原因物質というのが
「グルパール19S」という物質で、小麦のタンパクを分解
するとできる「水解小麦末」と品質表示されるものらし
いのです。


この「グルパール19S」は粒子が大きく、そのためアレル
ギーの抗体ができやすいそうです。


「茶のしずく石鹸」の場合は洗顔によって目や鼻の
粘膜から「グルパール19S」という物質が体の中に入って抗体を作ってしまい、小麦を食べて
運動(軽いものでも)したときにアレルギー反応が出てしまった。、
通常の特定の食物を食べることによるアレルギーとは異なるのが特徴です。


まぶたが真っ赤に膨れ上がったり、運動することで意識を失う
人も出ています。


今までに569人の人が発症しているようです、
洗顔後すぐにはアレルギー症状が出ませんので
原因がわかりにくいようですので、症状が出て原因がわからない
ときは、病院にいかれることを、お勧めします。


現在の「茶のしずく石鹸」には、この「グルパール19S」は入っていないそうです。
ご安心ください。


--------------------------------------
応援よろしくお願いします。(^^♪
banner_04.gif

にほんブログ村 健康ブログへ

posted by トクさん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

喫煙者率が16年連続で減少しました

喫煙者率が16年連続で減少しました

日本たばこ産業(JT)が発表した喫煙者率調査によると
成人男女を合わせた喫煙者率が21.7%となり16年連続で
減少したようです。

健康志向の人が増えたり、タバコ税の増税の時に
思い切ってやめた人も多かったのかもしれません。

男女とも減少しているので、さらに最近話題にあがって
いるタバコ増税があるとますます喫煙者が減りそうですね。

私は6年くらい前にタバコをやめたので、今は吸いたいと
思わなくなりました。

将来のことを考えると喫煙者が減ってくれると、健康の
ためにはうれしいのですが、農家の方でタバコの葉の栽培
をメインに収入を得ている人にとっては、大問題だと思
うと複雑な心境です。
--------------------------------------------------

応援よろしくお願いします。(^^♪
banner_04.gif

にほんブログ村 健康ブログへ

TOPページへ
posted by トクさん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | タバコと健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

におわない汗かき法

におわない汗かき法
今年の夏も暑いですね
私が住んでいる熊本でも連日32℃から35℃が続きます。
こんな夏に気になるもののひとつが「汗くさくなって
いないか」という事ですね。

汗のにおいですが、汗腺がうまく働いていれば
汗がにおうことはないそうです。

Healthクリックさんの記事に「汗かき上手」の話題が載って
いましたのでご紹介します。

先ほどの汗がにおう原因は汗腺の働きが鈍ることで出る重炭
酸イオン
を含む汗のせいです。

では汗腺の機能を良くして、におわない汗をかくにはどうす
ればいいのでしょうか。

Healthクリックさんでは良い汗をかく3原則を紹介されています。


その1、冷暖房に頼り過ぎない。
体も動かさなければ働きが衰えます、汗腺も同様で
汗をかかない生活が続くと汗腺の機能が衰えてきます。

あまり冷暖房に頼り過ぎず、暑い夏でもなるべく自然の風で涼
む工夫をしたらどうでしょうか。

冷房を使うときでも、外気との温度差を5℃以内にするのが汗
腺を働かせてにおわない汗を出すには、良いようです。

その2、体を動かす。
ウォーキング、ジョギング、やサイクリングなどのあまりハー
ド過ぎない有酸素運動をすると汗腺が適度に働いて、におわな
い、いい汗が出ますね、運動の前後は水分補給を忘れずしまし
ょうね。

その3、入浴でよい汗をかく。
お風呂に入ってよい汗をかくと、汗腺の機能も鍛えられますね、
特に風呂上りにドッと汗が出ますので汗が引いてから着替える
のが気持ちいいですね。

身近なもので、汗のにおいに効き目があるのがレモンで、お湯に
レモン汁やレモンのエッセンシャルオイル
をたらして体を拭くと効果ありです、今は市販の汗拭きのペーパ
ーもありますので、夏はこまめに汗をふき取ると気持ちがいいです。

特に、汗をかいた後はミョウバンを大匙5〜6杯先ほどのお湯に加
えるとなお良いとのことです。

※血行が悪いときや食事のバランスが悪いときは、アンモニア臭で
汗がにおうようになります。

こんなときは入浴してから湯船に少々のお酢を入れるとクエン酸が
汗腺から吸収されてアンモニアの乳酸の生成を抑制してくれます。

風呂上りに軽くシャワーを浴びるとお酢のにおいも消えます。

湯船に入れる量の目安は、醸造酢ならお猪口に2〜3杯
黒酢なら1杯くらいだそうです。

汗腺の働きを正常にすることで、におわないいい汗をかきましょう。

さらに詳しく知りたい方はhealthクリックさんの元記事へどうぞ。
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000518.html

◇------------------------------------◇
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします

にほんブログ村 健康ブログへ


banner_04.gif
タグ:
posted by トクさん at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろ健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする