2008年10月02日

新陳代謝とコピーミスの細胞

新陳代謝とコピーミスの細胞

私たちの体は60兆個もの細胞で作られています。
そして新陳代謝によってすべての細胞は定期的(90日〜120日)に入れ替わっていきます、このような新陳代謝は細胞がコピーされることで起こっています、だから人の顔や体型が変わらずにいられるのです。

さてこのコピーされた細胞との入れ替わりですが、なかにはコピーが上手く行かずコピーミスが起こることがあるのです。
このコピーミスされた細胞、これが実はがん細胞の始まりなのです。

では私たちの体で1日にどれくらいのコピーミス細胞が作られているのでしょうか?驚くことに毎日100万個ほど発生していると考えられます。

でも全員がなぜガンにならないで済んでいるのでしょうか?
それはがん細胞を消し去る仕組みが私たちの体にあるからです、リンパ球と呼ばれる白血球の働きがそれです。

本来ガン細胞を一つ残らず消し去ってくれる仕組みですが、コピーミスが残ってしますことがあります、その原因とはがん細胞の数がたくさん出来すぎてしまうことと、消し去る仕組み(免疫力)が加齢や長期的なストレス、疲れなどで衰えてくることによって起こります。

「よく、この化学物質は発ガン性がある」という表現を聞かれると思いますが、これはいいかえるとコピーミスされた細胞を作りやすい原因となると言い換えることが出来ます。

ガンの予防を考えるときに睡眠は副交感神経を優位にして免疫力を高めて活性酸素を抑えるメカニズムをしっかり維持することです、個人差はあっても6〜7時間は睡眠時間を確保して体を休めたいものですね。
----------------------------------------------
応援よろしくお願いします.
banner_04.gif

にほんブログ村 健康ブログへ


TOPページへ
タグ:コピーミス
posted by トクさん at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ガンと健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

ガンの前兆?痰や大便に血が混じる

咳が長く続いているときに痰に血が混じっていることや、大便に血が混じっていることってないですか?
原因の多くは咳のし過ぎやきれ痔のせいで血が混じることがほとんどです。
でもなかには肺がんや大腸がんによる初期の出血の場合があります。

ガンによる出血の仕組みは、ガンが増殖するためにより多くの酸素や栄養を必要とするためその補給路を作ります、それを血管新生といいます、この血管新生は普通の血管より造りがもろいため痰や大便が上を通過しただけでも破れて出血してしまいますこれがガンによる血が混じる原因のようです。
万が一の場合を考えて痰や大便に血が混じっていたらがんの可能性も疑ってみましょう。

※血管新生は小さな腫瘍細胞へ酸素や栄養を供給して老廃物を運び去ります、ガンの成長をサポートしてしまうのです、又血液の流れによってがん細胞の転移にもその運搬に利用されます。

小さな変化にも気をつけて早期発見を心がけましょう。
------------------------------------------------
応援よろしくお願いします.
banner_04.gif

にほんブログ村 健康ブログへ


TOP下痢になったときは水分の摂り方に注意しましょう

タグ:ガン
posted by トクさん at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンと健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガン予防のための

体重減少とガンの疑いについて


特に何もしないのに体重の減少が起こっているときは要注意です。


消化器系のガンの場合は、みぞおち付近に痛みがあったり下痢などの症状が起こったりして、知らないうちに食事量が減って自然と体重減になることがあります。


もう一つ考えられるのが、がん細胞は正常細胞よりも増殖のスピードが速くて多くのカロリーを消費します。それが原因不明の基礎代謝のカロリー消費アップとなります。


もちろんガン以外の原因で体重減もありますが、一応ガンの可能性も考えて病院で受診されることをお勧めします。


私も約3年前にたまたまガンを発見して手術しましたが、痛みとかの自覚症状はなくて、体重が少しずつ減っていったような記憶があります。

-------------------------------------------
応援よろしくお願いしますm(__)m
banner_04.gif

にほんブログ村 健康ブログへ


TOPページへ
タグ:ガン
posted by トクさん at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンと健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする