2018年06月10日

ニキビができる場所と原因を知ろう

訪問ありがとうございます。

ニキビができやすい場所で、思春期に多いのが顔のTゾーン部分ですね。

Tゾーンといえば眉毛と鼻筋部分ですが、ここは思春期ニキビができる原因の
皮脂腺が発達しやすい場所です。

なぜ思春期ニキビができるかというと、皮脂の過剰な分泌で、毛穴が詰まって
ニキビや吹き出物ができやすい状態になることが大きな原因と言えます。

思春期ニキビの対策は、ニキビができやすい場所のTゾーンの2度洗いや、
皮脂のふき取り、皮脂の出やすい食べ物を控えることと、皮膚を清潔にしておくことで防げます。


一方大人のニキビは思春期のニキビとは違った原因でできるニキビです。

大人になると肌の新陳代謝が悪くなり、肌の古い角質が毛穴をふさいでしまい,
ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖することが原因で、大人のニキビができることがあります。

「大人ニキビ」の主要な原因の一つが乾燥によるものなので、肌の角質が固くなることで
毛穴をふさぎやすくなるんです。

肌の「乾燥」は大敵ですね。

日常の生活でニキビができにくくするには、「ストレス」「睡眠不足」「栄養の偏り」
などに気を付けなくてはなりません。

「ストレス」「睡眠不足」「栄養の偏り」は肌乾燥の原因でもあり、女性ホルモンの
乱れによって肌の潤いを妨げます。

洗顔にも注意が必要です、洗顔料で何度も洗うと本来肌を守ってくれる皮脂までも奪い
肌の乾燥の原因を引き起こします。

くれぐれも肌ケアに気を付けニキビ対策をしましょう。

ニキビ対策にお勧めの一品をご紹介します、よかったら目を通してみてください。
               ↓



posted by トクさん at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする