2012年07月22日

「ダメな食べ合わせ、良い食べ合わせ」の記事をYahooさんで見つけました。

「ダメな食べ合わせ、良い食べ合わせ」の記事をYahooさんで見つけました。
白澤卓二順天堂大学教授の著書の中からの紹介です。

日頃食事をするときに、知らず知らずにダメな食べ合わせをしていることがあります。
かいつまんでご紹介します。

◇ まずはダメな食べ合せ紹介です。
一番目は ラーメンとライス
どちらも炭水化物なので、炭水化物をエネルギーに変換するビタミンB1が不足気味となるようです。
そのため炭水化物がそのまま脂質に変換されて、脂肪細胞に蓄積されるので、肥満の原因ともなるそうです。
またラーメンのスープを飲み干すと塩分過多にもなりますね。


二番目、ビールとフライドポテト
アルコールが肝臓で分解されるときに、肝臓内には脂肪の合成を促進する酵素が発生するそうです。
ビールや酒と一緒に先ほどのフライドポテトや鳥のから揚げなどの高脂質の食べ物を食べると脂肪の合成が加速されやすいです。

三番目、紅茶とレモン
レモンティーにレモンは当たり前で欠かせませんね、実は輸入レモンには防カビ剤「OPP」が付着していることがあってこの「OPP」が紅茶に含まれるカフェインと組み合わさって、発がん性物質を発生する可能性があるようです。
国産レモンにはこの「OPP」は使われてないそうです。

四番目、シラスとダイコン
居酒屋さんでよく出るシラスおろしにも難点が、シラスなど魚類全般には必須アミノ酸の「リジン」が含まれ、体の成長や修復を担う役割をしていますが、ダイコンには「リジンインヒダス」という抗体が含まれ、リジンの吸収をさまたげてしまう働きがあるそうです。

ただし、魚を加熱すれば問題はないそうです。


案外普通に食べている食べ合せですが、上のような理由でさけた方が賢明のものもあるようですが、食べる量にもよりますね。


なるべく上の食べ合わせはさけた方がよさそうですね。

□-----------------------------------□


スポンサードリンク
--------------------------------------------
応援よろしくお願いします。
banner_04.gif

にほんブログ村 健康ブログへ




posted by トクさん at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物と健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。