2016年09月19日

水素風呂「水素マン」は本当にいいか?

巷で水素のドリンクや水素のお風呂の商品をよく目にするようになりましたが本当はどうなんでしょうかと思い調べてみました。
水しぶき.png

なぜ水素が注目されているかは、水素が体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素と結びつき安全な水に変えて体外に排出するという大変な働きに注目が集まっているからのようです。

悪玉活性酸素といえば「ヒドロキシラジカル」として知られていて、細胞やDNAを傷つけてしまう強力な酸化作用を持ちシミ・シワや老化に加え、癌や糖尿病、脳梗塞などの病気を引き起こす原因となっているものですね。

リンゴの皮をむいてしばらくすると褐色に色が変わるのも酸化作用の一つです。

活性酸素には、善玉活性酸素と先ほどの悪玉活性酸素があるのですが、水素はこの悪玉活性酸素にだけ作用して無毒の水に変えてくれる存在のようです。

善玉活性酸素はご存知のとおり、体に侵入した細菌やウイルスを攻撃してくれる免疫機能になくてはならないものですが水素の場合は善玉活性酸素には反応しないという、うれしい性質があるとのことです。

水素風呂に話を戻しますと水素風呂に入浴することで肌呼吸により水素が皮膚から吸収されて肌の奥まで浸透していくので高いしそ吸収力が期待できそうです。

水素の分子はとても小さいので水素風呂に入ることで、ほかの物質の分子では入り込めない細胞の隙間にまで入っていくことができます。

水素風呂は肌の奥から水素が活性酸素に働くので、活性酸素が原因のシミ、シワ、皮膚疾患、乾燥肌などに効果があるといわれています。

水素風呂の入浴法はどうすればいいか

肌呼吸により水素が皮膚から吸収されて水素が全身に行き渡るまで、約7分が必要といわれています、水素風呂の効果を得るためには10分以上の入浴が必要のようです。

30分近いゆっくりとした入浴ではより効果を実感できそうです。

ガンの温熱療法や皮膚炎治療に水素温熱療法を推進している病院もあるそうです。

ご家族での水素風呂は家族全員で利用できるので取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。


タグ:水素風呂
posted by トクさん at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と入浴法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする