2013年07月19日

麦茶の知らなかった効用とは

夏の飲み物と言えば麦茶の冷えた一杯ですね、実はこの麦茶いろいろな効用をもっているのです。

LiveDoorライフさんの麦茶に関する記事をかいつまんで紹介します。

麦茶の原料は何だと思いますか?

麦茶だから麦なんですが、大麦の種子を煎じたものなんです。
一般の茶葉のようなカフェインを含んでいません。

カフェインは利尿作用があるので夏の水分補給には、麦茶のようにカフェインなしの飲み物のほうが、向いていますね。

さてその麦茶の効用なんですが、麦茶にはビラジンという成分があるそうで、このビラジン、血流をよくする作用があるそうです、また血圧の降下作用があるギャバ(GABA)も含まれています。

次に、麦茶に含まれる成分でPクマル酸という成分は、酸化作用を促進する酸化因子のペルオキシナイトライトに対して高い消去作用があるそうです。
活性酸素を攻撃してくれるのですね。

ということは酸化作用が原因のひとつの癌や脳卒中などの予防効果も期待できるということですね。

三番目に麦茶の抽出成分を静岡大と京都薬科大で研究したところ、胃の粘膜を保護したり、糖尿病の合併症防止や炎症を抑える作用もあるそうです。

さらに、麦茶にはバクテリアの定着を防ぐ作用があって、虫歯菌などの膜生成を阻害する作用もあるとのことです。

以上のように麦茶にはスゴイ効用がたくさんあるようです、今年の暑い夏も麦茶を飲んで乗り切りましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記にどうぞ
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_199981
------------------------------------------------------




------------------------------------------------------

お役に立ちましたら応援よろしくお願いします

にほんブログ村 健康ブログへ


banner_04.gif

-----------------------------------------------
TOPページへ
ラベル:麦茶
posted by トクさん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 食物と健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。